トレチノインは化粧品等とは比べ物にはならないほど肌を美しくしてくれます。そんなトレチノインを、誤った使用方法で塗布し、肌の荒れを悪化させてしまっている方が大勢いるそうです。トレチノインを正しく使って美しくなりましょう。

トレチノインを含む医薬品の写真

トレチノインの間違った使用方法で肌が荒れる

トレチノインとは主ににきびを治療する医薬品であり、普通の化粧水 対処法では直すことのできないにきびも治療することのできる医薬品として知られています。
また、シミ、くすみにも高い効果があるとされ、肌を美しくするのに適した医薬品とされています。
個人差はありますが、人によっては重度のにきびが三か月程度の使用で完治する可能性があるとされているため、使用法を守り、適度に使用することができれば、皮膚の悩みに苦しむ人にとっては救世主ともなりえる医薬品となっています。
トレチノインは前記の通りに効果が高く、重度の肌のトラブルも完治させることができるとされていますが、応じて肌への負担も大きく、間違った使用法で使い続けることで、使用前よりも肌の症状が悪化することがあると言われています。
トレチノインの副作用としては、炎症が激しくなり赤みがひどくなる、色素沈着が発生しシミが増加する、肌の免疫力が弱くなり肌のトラブルが多発、といったものが挙げられ、それらは時に重症化し取り返しのつかない症状に陥ることも考えられます。
そのために、トレチノインを使用する前には使用法をしっかりと把握し、使用してはいけないケースを理解することで、肌のトラブルを回避することができるようになります。
トレチノインは新たな肌の構築を促し、古い肌を排出する手助けをします。
そのため使用者には程度の差こそあれ炎症が起き、シミができやすくなります。
そのため、シミの抑制効果のあるハイドロキノンという医薬品を同時に使用することで、シミの発生を防ぐことができます。
またトレチノインを使用することで古い皮が剥け、表皮に白く残る場合がありますが、それを無理に剥がしてしまうことで肌に負荷がかかり、炎症が起きやすくなってしまうため、古い皮が自然に剥がれるのを待つことが必要になります。