トレチノインは正しく使って美しく!

トレチノインは化粧品等とは比べ物にはならないほど肌を美しくしてくれます。そんなトレチノインを、誤った使用方法で塗布し、肌の荒れを悪化させてしまっている方が大勢いるそうです。トレチノインを正しく使って美しくなりましょう。

トレチノインを含む医薬品の写真

トレチノインの正しい使用方法とは?

トレチノインはビタミンA(レチノール)の誘導体で、シミ、ニキビ、光老化に効果があります。微量ではありますが、人間の血液の中にも流れているためアレルギー反応がない点が特徴です。
トレチノインはビタミンAの約100~300倍もの生理活性があって強力な新陳代謝作用によって,表皮内のメラニン色素を皮膚の外へ排出します。また長期外用によりヒアルロン酸、コラーゲンの生成を促進するため、表皮、真皮が厚くなってハリが生まれて小じわなど改善します。ピーリングとしてまたは高濃度の外用薬は、ニキビ治療などに効果があります。
海外ではシワ、ニキビの治療薬として許可されて非常に多く使用されていますが、日本では厚生労働省に保険の治療薬としては認められていませんが医療機関での使用は可能です。
そのためコスメとして市販されているものには、高い効果は望めません。
しかし皮膚科の処方薬では効果があります。アレルギーにおこしにくく安全性の高い成分のため、肝斑などのシミにも対応できます。
美肌に効果的な成分としてレチノール酸など注目を集めていますが、さらに高い活性物質がトレチノインです。
高い効果が望めますが、間違った使い方をし時のリスクはとても高くなります。
角質を剥がす作用が人によって赤く炎症することがあります。
このピーリングは敏感肌の人には強い刺激となり火照り、炎症などをおこります。
そのためトレチノインを使用している時の紫外線対策などは、とても重要です。
日本では一般に市販されていない濃度のトレチノイン配合のクリームは個人輸入で求めやすくなっていますが、リスクの心配があります。
そこで最初は皮膚科で自分に適した濃度のトレチノイン配合の処方が一番です。
とくに敏感肌の方は、皮膚科であってもパッチテストは必ず受けた方が安全です。